歌上手くなる方法高音

高音を上手く歌えるようになりたいです。

すず歌

こんにちは。
すずです(*^▽^*)

 

あなたは歌うのが下手で悩んでいませんか?

 

歌いたい曲が音程が高くて歌えない。
イントロは歌えるけど、サビが高すぎて声が、かすれて恥かしい(._.)

 

なんて、ことありませんか?

 

わたしは、歌がすごく下手で高音も出ないし上手く歌えません。
カラオケに行くのが苦痛で仕方ありません(>_<)


歌が上手い子は、高音のサビのところも可愛く歌ってるし、男の子の視線も釘付け(*´з`)


歌ってると、すごくかわいく見えるんです!?


その子は、流行りのアーティストの曲を、キレイで可愛く歌えるからカラオケに行っても注目の的なんですね。


カラオケ

一方、わたしは、声がもともと低いほうだし、声があまり出ないので、カラオケに行っても、自分の番が回ってくるのがすごく嫌です。


でも、カラオケってけっこう飲み会のあとに行ったりするし、付き合いもあるから、行かないわけにはいきません。

 

それに、わたしの仕事は営業です。
まだ社会人2年目ですが、営業先との付き合いもあったりで、カラオケに行ったりもしますし、友人たちとカラオケに行くこともあります。

 

だから、苦痛なんですよね。
確実に順番は回ってくるし、のどが痛くなるし。
歌が下手だからって別に生きていくのに困ることはないのですが・・・
でも、生活の質が下がるっていうか、おもしろくないんですよ〜

 

そこで、完璧じゃなくても上手く高音が出せるようになって、歌うま女子になってやろうと思い、歌が上手くなる方法、特に高音が出せる方法を調べて、実践してみました。

高音パートも上手く歌える方法を調べる

カラオケマイク

まずは、歌をうまくなって高音を出せるようにする方法が知りたいと思いました。


それで、ネットで歌が上手くなる方法を調べてみました。

 

そうすると、けっこうボイストレーニングの方法が、出てくるんだけど、あっちではこれをやったほうがいい。


でも、こっちではあの方法は良くないとか、言ってることがあべこべで、何を信じたらいいのかよくわかりません(>_<)

 

でも、共通してる方法やコツがあったので書きます。
自宅でもできるので参考になれば嬉しいです。


ひとつひとつ上達していきましょう。


わたしが歌が上手くなるまでの体験記も書きました。

 

腹式呼吸をマスターする

腹式呼吸をマスター
調べてわかったのは、お腹から声を出さないと高音ってうまくでないようです。


高音が出ない人、歌が下手な人は、サビのところで酸欠になってしまいます。
わたしもサビで声が変にかすれて恥かしかった時がありました(>_<)
ブレスのコントロールが上手くできてないんですよね。


サビに入る前の曲の演奏だけが流れているときに、精一杯息を吸込んでから、サビの部分を歌い切ろうとするけど、途中でダメになりますよね。


声を出す基礎ができていないのに無理に高音のパートを出そうとすると声がかすれてしまうことが起こるので、まずは声を出す土台を作る必要があるみたいです。


無理に高音パートを歌おうとすると喉にすごく負担をかけますしね。

腹式呼吸を意識する

腹式呼吸を意識する
これはかなり重要です。


腹式呼吸について聞いたことがある人がほとんどだと思いますが、歌が上手く歌えない人は腹式呼吸を実践できていないことが多いとおもいます。


方法について簡単に書いておきますね。


@鼻から空気を吸い込んで、お腹の前の部分が大きくふくらむようにする。
A空気を出すのは口から出す。お腹がぺちゃんこになるように、へこむことを意識する。


慣れるとお腹を膨らますことが自然と動かせるようになります。
お腹をへこませる感覚もつかみましょう。


また鼻から空気を吸い込むことも意味がありますので、押さえておきましょう。
鼻から空気を入れないと喉を傷めてしまいやすいのでNGです。


ブレスコントロールを意識する

ブレスコントロールを意識する
ゆっくり長く息をはくことを意識するとまた別の練習になります。
ただ腹式呼吸ができるだけでは歌が上手くならないようです。


ブレスコントロールができると、音量の上がり下がり強弱がつけれるので、メリハリが効いて、じっくりと聴いてもらえるようになります。
抑揚が上手く使えないと、単調で歌い方が一定になってしまい聴いているほうが、飽きてしまいます。

 

最初は息苦しいと思いますが、できるようになるとサビで声が出るので、かっこいい感じで熱唱もできるようになります。

 

ロングブレスという練習方法です。

 

ゆっくりゆっくり10〜30秒ほどの時間をかけて息を口から出していきます。
時間をかけて息を口から出していくので長く続けるためには自然とお腹に空気をためて、出していくことができるようになります。


自然な形で腹式呼吸が身につけることができます。
息を吸う、吐くは本当に歌が上手くなる方法の基本ですね。

 

 

次はスタッカートという練習方法です。

 

息を吸って、歯切れよく、細かく口から息を出します。
より実践的になっていきますね。

 

ふっふっふっと息を出していくのですが、何回も続けると苦しくなってきます。
でも、歌をうたっている途中で息が苦しくなる人には良い練習になります。

 

リップロール

 

唇ブルブルです('ω')
初めて聞くと何の意味があるのと思いますが、プロも行うトレーニングです。
歌い始める前にする練習です。
本格的に歌う前の準備に最適なトレーニングです。
リラックス効果もあるので力を抜いて本番に望めます。


くちびるを軽く閉じて、上くちびると下くちびるの間に向かって息を吐き出します。
くちびるがブルブル震えたら成功です。

 

最初は上手くいきません。ただ、ぷぅ〜と息が出るだけだと思います。
何度かやるとコツがつかめてできるようになりますよ。


意識的に力を抜いて、脱力してみましょう。

 

腹式呼吸のつぎは腹式発声

腹式発声
腹式呼吸ができるようになってきたら、次は腹式呼吸の応用で声を出すようにします。


腹式呼吸ではお腹のふくらみとへこみを意識して、鼻から空気を吸って、口から出すというものでした。
腹式発声は、腹式呼吸のときに口から声をだします。

 

「あ〜〜〜」と口から息を出すときに発声してください。

 

初めは腹式呼吸がおろそかになってしまいます。
何回かやっているとお腹のふくらみとへこみを活用して声を出せるようになります。


口を開けて声が通る感覚、鼻から抜ける感覚、喉を締める感覚など息を整えながら身体で感じましょう。
共鳴しているような鼻腔で響く感覚を味わいましょう。


声が出る体作り

ランニング


元プロのボーカルの人が書いていましたが、歌うということは体が楽器だから、運動をしてカラダを鍛えないといけないよってことです。
そういえば、人気の歌手が、ライブに向けてカラダ作りをしているドキュメントをニュースの特集で見たことがあります。
基礎が大切なんですね。


歌手のボーカルの人ってすごい腹筋・背筋したり、ランニングしたり、ストレッチをしていたり、色々トレーニングしています。
ライブで激しくパフォーマンスをするグループの歌い手さんは間奏の間もずっと走っていますし、すごく体力がいりますね。
それだけではなく、引き語りのようなスタイルで歌うカッコイイ歌手もトレーニングをしていると聞いたことがありますからね。


ボーカルは身体が楽器だと考えているから、身体のトレーニングを意識しているとプロの歌手が言っていたのを思い出します。
一流の演奏者が楽器にこだわりがあるように、歌手は自分の身体から良い声が出るように練習に励んでいるようです。


自分の歌声とプロの歌声をチェックする

自分の歌声とプロの歌声をチェックする
呼吸法なども大切ですが、実際に歌ってみて自分の歌声を録音してみてください。
そして、自分の歌声とプロの歌声を聞き比べてみてください。


どこがズレているか、どんな歌い方をしているのか、どこで息を吸い込んでいるのか、などなど何度もチェックすることで見えてきます。

歌う曲を覚える

歌う曲を覚える
暗記してしまうほど曲を聞き込みましょう。


一曲でもいいので普段の生活で何度も聴いて覚えましょう。
覚えることで、カラオケのときにリズムや音程に集中できます。


歌詞に気を取られていては上手く歌える曲もうまく歌えません。


1曲は選曲して、曲調に合わせた声のトーンを感じたり、出だしのタイミングを確認したり、歌手のクセを聞き取るように心がけておきましょう。
とりあえずは歌詞を覚えたらOKです。


歌が上手く歌えるように練習の毎日

今までやったことないぐらい頑張って、腹筋を毎日やって、腹式呼吸を練習するようにしました。
ランニングもしましたし、スタッカートやリップロール、ロングブレスも何度もチャレンジしました。


徐々に感覚がつかめてきた気がしたので、2週間ぐらいトレーニングをして、1人でカラオケにも行って練習しました。

歌上手くいかない


1か月ぐらいの間に行けるときは、カラオケに行って、週5ぐらい練習していました。
採点モードで高得点を取れると思ったのですが、全然うまくなりません(*_*;
歌唱力の低さに落ち込みます。
もともと上手く歌うことに自信はないのですが、ここまで努力して「抑揚をつけましょう」なんて採点されてもへこみます。


「自分では感情を込めてテンポも曲に合わせて歌っているのに。」

 

歌い方とかも、何度もネットで勉強して実践してみたのですが・・・・

 

なかなか歌ってムズカシイものですね。
わたしはもともと音痴ですし、簡単ではないです。
練習のしすぎで、あげくのはてに、声がかれ気味で、声が出ない(笑)

 

「わたしがキレイなハイトーンボイスなんて夢なのかも」

 

これだけ、練習して努力してもうまくいかないんです。

 

やっぱ、才能なのかも(+o+)
カラオケボックス歌上手くならない
自己流で、やっても歌が上手くならないし、高温もなんかカスカスで裏声と地声の差が激しくて、携帯に録音して自分の歌声を聞いてみてもショックを受けました(-_-メ)


「下手すぎ・・・」
「あれだけ呼吸法も練習したし、ミックスボイスという発声法もやってみたのに・・・」

 

練習の段階で少し気が付いていたのですが、自己流ではだんだん限界を感じていました。

 

それで、悩んでいたときに思いつきました!?

 

プロに教えてもらうのが、早いんじゃないのか??って!

 

それで、ネットでボイストレーニングの学校とかレッスンで調べてみたのですが、

 

1回60分月1万円ぐらいが相場みたい、
なかには、入学金と登録料とかで、合わせて7万円を超えるところも( ゚Д゚)

 

スクール、1回習ったからってうまくなるわけないし、3か月とか半年とか、1年通うと考えると・・・・10万円は軽くかかります。

 

プロに学ぶのって高いじゃんって思っていとき、

 

ネットサーフィンしていたら、良さそうなものを見つけました(*'▽')

プロの歌手でボイストレーナーJAY公山さんのプログラム

JAY公山(ジェイこうやまさん)のボイストレーニングプログラムを見つけました!(^^)!


しかも、高いサビが歌えるボイトレということで、まさに声が低いわたしにピッタリ!
プロの人が教えてくれるから、さっそく注文しました。
1万5000円ぐらいで、ボイストレーニングと比べたらすごく安いです。

 


ジェイこうやまはこの赤い衣装のボーカルしているかたです↑
再生してもらうとわかるけど、すごく歌上手いです。

 

注文して、さっそくダウンロードして、目を通しました。


わかりやすいΣ(゚Д゚)


トレーニングも無駄なものがなくて、カンタンだし、楽に続けられそうです。
トレーニングとアドバイスが的確ですね。
自分で調べて歌の練習をしているときは迷いがありましたが、ボイトレを受けて迷いがなくなりました。


1週間やったら、声のとおりが良くなって、喉が痛くならないようになってきました(^^♪
コツがつかめると声量も出るし、声質も変わりますね。


プロのボイストレーニングってすごいですねー。
テクニックが詰まっています。
上達が早いのでやっていて楽しいです。


アップテンポの曲もリズムが取れるようになりましたし、スローの曲もブレスが苦しいこともないし、呼吸法も楽になりました。
自分ができるイメージがドンドンつかめます。


 

1か月練習を繰り返すと・・・
歌が上手くなると気持ちがいい
高音パートが出せるようになりました!!!

 

歌うって気持ちがいい(*'▽')

 

ダメもとでカラオケに行って採点をしたら、点数がなんと・・・80点、90点台の高得点が出るようになりましたΣ(゚Д゚)
キーが高くて歌えない曲だったのですが・・・

 

衝撃でした!

 

歌が下手なときは低温部分は前でも声が出せていましたが、採点モードだと音程も全然合っていませんでした。
とくに高音部分は声帯を締めるようにして、高い声をしぼりだしていたので音程も合わず、喉をつぶしていましたからね(+o+)
翌日はしゃべるだけで喉が痛くなったほどでした。


今ではリズムが取れるようになったし、音程が自分でハッキリわかるので、ズレないです。
採点の画面を見ていても、自分の声が正確に音程に沿って流れていきます。
音程が合っていると歌うって心地よいですね!


スムーズに声を上げたり下げたり、自由に音階を行ったり来たり( ´艸`)
最高に楽しいです。


サビの音域が高音でも上手に歌えるようになりました。


高音を出す方法の早道は、やっぱりプロに習うことですね。
ハッキリわかりました。


自分で調べてやって遠回りしてましたが、プロの練習をはじめから取り入れておけばだいぶ近道できてました。


高音部分がすごくキレイになりました。
それに、声のボリュームがかなりアップしたので、息切れもなく魅力あるきれいな歌声を維持できますね。


バラードでロングトーンの同じ音程を伸ばす曲も、声の震えがなくなりました。


カラオケから途中で帰りたいと思ったときもありましたが、今では大好きになりました。

 


>>1か月でカラオケ採点70点台が→90点台になれたプロの歌手ジェイこうやまさん直伝の高音ボイストレーニングの中身を確認してみる

 

歌上手くなる

この教材で、ポイントをおさえて1か月練習してみてください。
苦手な歌が好きになってしまいますよ(*'▽')